デザインのブログ

日々の生活の中でデザインに関わるニュース、想い出、体験を書いています。時には愛を。時には怒りを表現しています。主にグラフィック、建築、ウェブ、音楽、店舗、プロダクトデザイン、環境、文字、広告、アート、空間、ガーデニング、家具、パッケージなどを中心とした内容です

2007年01月18日(木)

一眼デジカメ買いました。ニコンD40レンズキットブラック [プライベート]

えーと、デジカメ買いました。
正確には注文しました。届くのは2週間後なので。
(キャンセルの可能性もあり)

2006年のアマゾンの売り上げランキングで1位だった
「RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL 」も気になっていたのですが、今使っているのが「RICOH Caplio GX」なので
今度は一眼かな・・・といこうことで一番軽い「ニコンD40」にしました。

「RICOH Caplio GX」は
マクロ焦点距離1cmの28cm〜のレンズ、単三乾電池、マニュアルモードありと室内の撮影では、最高のコンデジであまり不満はないのですが、画質はやはりコンデジの限界。

やっと、軽いデジ一眼が出たことは僕にとって大きいです。
軽くなければデジカメじゃない。

「過去に買ったカメラの順」
ニコンの一眼Fシリーズ(良かった)
Apple QuickTake(バランス良くて良かった!)
Finepix(起動、シャッターが遅く、ぜんぜんダメ)
オリンパスの(ほんと普通)
RICOH Caplio GX(使いやすくて良い)

と言うことで15年ぶりにニコンです。15年ぶりに一眼買っちゃいます。

ここで「デジカメの歴史」
コンシューマー用のデジカメ1号機AppleのQuicktakeに始まり、カシオのQV-10がデジカメブームを作り、富士FILMのFinepixが100万画素を超え画素数競争が起こり、オリンパス、ペンタックスがマニュアル機能を充実させ、CASIOのEXILIMが薄型化を進めて、RICOH Caplioがコンデジブームを起こし、キャノンEOS KISSデジタルがデジ一眼の流れを作るといった感じでしょうか。

「ニコンD40」楽しみにしています。

仕様: * メーカー型番:D40BLK * ファインダー:アイレベル式ペンタミラー使用、視度調節機構内蔵* シャッター:CCD電子式シャッターと機械式シャッターの併用* レンズ構成:5群7枚* 撮影範囲(マクロ時):最短撮影距離:0.28m測光方式:TTL開放測光方式、マルチパターン測光、中央重点測光、スポット測光切り替え可能# 有効画素数:610万画素# 最大駆動時間:2200コマ# 標準電源:EN-EL9# 本体サイズ(H×W×D):約94×126×64# 本体カラー:ブラック# 重量:約475g# 重量:475g

Posted by デザイン at 23時55分   トラックバック ( 1 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.flop.sakura.ne.jp/blog/tb.php?ID=40

ニコンD40レンズキット50,872 円 送料込

ニコンD40が送料込みで50,872 円!!コンデジより安いかm(^^;;;

ひろみの物欲&買い物ブログ 2007年06月02日 23時32分

ページのトップへ ページのトップへ

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008-2010FLOP DESIGN/デザインのブログ|ニュース All rights reserved.